花と食のレター オランダより

オランダから綴る花と食のレター。世界一の花大国オランダから届け、あなたへ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

事件発生

lemonpie01


「バタン」
小さな音が背後で聞こえた。・・・え?バタン?
突然恐怖が襲い掛かって振り返るとやはり・・・開けていたドアが閉まってる。ぎゃーーー!!
私、締め出された・・?!!

私達が住むアパートメントは生ごみを廊下から投げ捨てる仕組みになってます。
ウチの家から出てすぐのゴミ室。幾つものドアを開けるとハンドボールサイズの穴。そこに生ごみを放り投げると地階の生ごみコンテナーまで落ちて行く、という仕組み。
とっても便利で家にゴミが溜まらなくて良い♪毎日活用しまくっている私ですが・・・

先週水曜日、なぜか体が疲れて夫を送り出した後もいつまでもぐずぐずしていました。なんとか洗い物を済ませて、シャツだけ着替えて顔を洗い、さて化粧水をつけようか、という時に娘からウンチの匂いが。
強烈な匂いにまずおしめを替えよう、としたら・・・ウンチがはみ出て彼女の服にまで達している!!
ガビーン・・・
丁寧に体につかないように全て脱がせて・・・とりあえずおしめを替えて、午前中のお昼寝タイムがきた娘をベッドに入れました。この汚れた洋服はすぐに手洗いするとして、まずはこの匂いのひどいオシメの入ったポリ袋を捨てて来よう、とドアを出たのです。(8ヶ月より完全に紙オシメに替えました)

一瞬、躊躇しました。だって私、まだパジャマのズボン履いてたのです(恥)。
ジーンズだけさっと履こうかな、と思ったけれどとにかく一度つかんだポリ袋を先に捨てちゃえ、誰にも会わないだろう・・と。

勢いよくゴミを放り込んで、さ、手を洗おう!と思ったときに背後でバタン・・!

lemonpie02


扉が閉まった音が娘にも聞こえたのか、火がついたように泣き出しています。
夫は出張で100km南下したマーストリヒトで仕事中。普段はここからチャリで15分のところで仕事しているのにこんな時に限ってなんてこと!夜の会議のため18時には一旦帰宅、夕飯後またすぐ出かける、と言ってたけれど、まだ後7時間ある・・・2時間は寝るとしても5時間放っておいたら泣きすぎて頭がおかしくなるかもしれない。

私、青いシャツにパジャマのズボンに化粧水つけてない顔に勿論ノーマネー、ノーテレフォン。
最高に無力ないでたち&私一人じゃどうしようもない。

どうしよう・・と思った瞬間、同じ階は改装中のお宅にダッシュ、ベルを押しまくっていた。改装工事のコワモテのお兄ちゃんが出てきて事情を説明すると慌ててついてきて、ドアを壊さないばかりに体当たり・・・
あの・・・それは無理ではなかろうか・・・娘の泣き声が響いてるので兄ちゃんも 「クソッ!!おりゃ!」 と言いながらどこかに隙間がないか見てくれるけどとうとう力なくうなだれた。

携帯電話だけ貸してもらい夫に電話するも出ず。
上階に行ってアパートの住人に相談します、とお礼を言って駆け上がり次から次へとベルを鳴らす・・・こんな時に限ってみんな不在。
最後に一番大きなお宅のベルを押すと、よくエレベータで会う老紳士が出てきた。
彼もまだガウン姿だったけれど招き入れてくれて事情を説明し・・

lemonpie03


さあ、そこからこの老紳士の行動の早く的確なこと。
まずマンションの委員会メンバー(ウチの夫もですけれど・・)や、めぼしい人に電話して事情を説明。
手を尽くして結局分かったことはどこにもセントラルキーはない、ということ。
つまり夫と私の二人以外、鍵を持ってるものはどこにもいない。

すごく高くつくけど消防車を呼ぶしかない、とある人は言う。
そんなアホな・・・マジですか。
再度夫に電話するが出ず、娘の泣き声が聞こえてくるようで胸が痛くなってきた。
老紳士が気を利かせて美味しいコーヒーを淹れてくれる。美味しい。
すると、突然 「お!確か鍵を開ける専門の会社がある筈だ。」 と電話帳をパラパラ。
と思ったら、もう電話して事情を説明している。とっても急ぎであること、しかも最初にちゃんとコストを聞いてくれてるようだ。
なんて段取りがいいの。オランダでこんなときにそんな段取りの良さに遭遇できるなんて。

「20分後にはここに着いて作業は1分。コストは50ユーロ。」電話の合間に情報をくれる老紳士。
「お願いします!」即答しました。

一気に気持ちが楽になった私は、彼ととりとめもない話をして、このアパートメント内、もっとも大きな間取り(160平米)の隅々まで案内してもらう。
あちこちに置かれた伊万里焼き、中国の墨絵、漢字の縫いこまれたシルク製のテーブルクロス・・・スイス在住の娘さんは工業デザイナーで最近、日本のある会社が顧客につき、日本にも招かれて行ったことがあると言う。

互いに超~リラックスした格好であることに気づき、老紳士が「ちょっと着替えてきます。その後、一緒に階下まで行きましょう。」

・・・

lemonpie04


・・・

と言うわけで事なきを得た感謝御礼を込めて、今日、ご夫妻をお茶に招きました。 (長い前置きやなあーー)
冒頭写真は今朝作ったレモンパイ。形はいびつだけれど味はめちゃ美味。
事件発生のときはどうなることか、と思ったけれど、「こんなことでお招きしてくれるなら、いつ締め出されてもいいわよ~。」 と奥様。

いやあ、とにかくいきなりやってきた変ちくりんな格好した東洋人にも驚かず、丁寧&迅速且つ無駄のない対応して下さったのが本当に嬉しかった私です。

教訓1:朝起きたらたとえ体調が悪くともすぐに着替えましょう。その際、中途半端な着替え方をしないこと。片方パジャマよりは上下パジャマのほうが素敵です。(ホンマ?)
教訓2:顔を洗ったらそのすぐ後に化粧水をつけましょう。洗い立ての顔が気持ちいいのは最初の1分だけ。後はドライ肌のため、笑うと白い妙なしわでカピカピになることをお忘れなく。
   
皆さんも気をつけてね!



ブログランキングに参加しています!
よろしければこちら↓をクリックして応援してくださ~い。

スポンサーサイト

テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報

  1. 2007/06/24(日) 22:04:21|
  2. オランダな日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
<<娘のいたずら | ホーム | オランダの結婚・離婚事情>>

コメント

もろあい様

こんばんは!ご訪問&コメントありがとうございます。
もう~可笑しくて笑っちゃいました。ノーメーク、ノーブラ、ってもう降参!て感じですよね。本当にところ変われば感覚も違ってビックリです。
中国、まだ行ったことないしとても興味深くて是非訪れたい国の一つです。また後でそちらにも覗きに伺いま~す!
  1. 2007/07/04(水) 22:33:36 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

こんにちは。はじめまして。
最近まで中国に住んでいました。
そのせいか、他人の海外生活に興味があって・・・。
そんなかんじでここにたどり着きました。

私も、<着替えと部屋の掃除は絶対に朝してしまう>という教訓を得た苦い経験があります。
部屋のオーナーが、友人を連れて、急に訪ねてきて、部屋に無理やり入ってきました。
友人に自分が貸している部屋を紹介したかったみたいで・・・。←ありえないでしょ!?
すっぴんやし、ノーブラやし、床は白いのに汚れてるし・・・。大恥かいたんです。
そのせいか、日本に帰国したあとも、掃除はなんとなく午前中にすませちゃってます。
  1. 2007/07/04(水) 16:32:45 |
  2. URL |
  3. もろあい #-
  4. [ 編集]

ふれいずしょこら様

ご訪問&コメントを残してくださってありがとうございます。
お父様も異国の地でしかもベランダにてお掃除締め出し・・・しかも手すりをつたって家に入るって怖い!びびりますーー。お怪我もなく本当に良かったですね。
やはり皆様イロイロあるのだあーー、と妙に安心してきました。その上、素敵な方に知り合えて良かったわ、やっぱり♪

また遊びにいらしてくださいね、私も覗きにまいりま~す!
  1. 2007/07/01(日) 08:22:40 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

はじめまして。
以前からちょこちょこと読み逃げはしていました。

鍵の閉め出し、災難でしたね。ましてやちっちゃな
お子さんがいらっしゃればなおさらのこと...
私の父の以前上海に単身赴任をしていた時に
窓の掃除をしていて自らを締め出す事件を。
幸い首から鍵をぶらさげていたとはいえ、
2階の窓(結構高さあり)から落ちないように
細い手すりをつたって階段の踊り場まで到達して
なんとか家に入りましたが、それ以後、掃除の時は
つっかえをして閉め出されないようにしたそうです。

でもご近所の連携プレーは見事。そして気持ちを
落ち着けようと配慮して下る老紳士。
きっと大変な時間でしたけど、またあたたかい
気持ちを分けてもらった時間でもあるのでしょうね。
  1. 2007/07/01(日) 02:57:13 |
  2. URL |
  3. ふれいずしょこら #-
  4. [ 編集]

cocco様

へえ~、そんなことがあったんやね~!
しかしその日は見事に全部忘れてたわけね~!!そういう時もある、よ、ね。
コワモテのおじさん、いい人やーーん。そういう人に出会えるとなんだかすごく嬉しい気分になるし、なんだか逆に得したような気持ちになる。
coccoはいつも準備万端!完璧!という印象があったけど、なんか心強く思いました。お互い気をつけましょーーー(えっ、一緒にされたくないって?!)
  1. 2007/06/27(水) 22:08:49 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

焦ったね~・・・娘ちゃんがいたなら尚更・・・

ちょっと私の「こんなときに限って・・ in Spain」も聞いて~。めちゃ長くなるけど・・・

学校後、友達と中心地で待ち合わせ。あまり時間はないけど、学校の教科書があまりに重いため一度帰宅することに。小走りで帰り、共有ドアを開けようとすると・・・鍵がない!いっつもママはこの時間いるのに、この日に限ってお出かけ~!鍵も忘れたことなんてないのに、この日に限って~!守衛さんも昼間ならいて、鍵が開いているけど、この時間はいない。ママに電話してみると、近くの病院にいて、1時間ほどは帰ってこないという。守衛さんがいないか確認して、というので、中をのぞいてみるといた!ので、共有ドアを叩き、とりあえず入る。守衛さんも個人のマンションの鍵は持っていないので、事情を話し、ママが帰るまでカバンを預かってもらうことに。

よかった~!じゃあ、財布だけ持ってさて行くぞ!と意気込み、財布をゴソゴソ・・・なんと財布がないではないですか・・・鍵だけではなく、財布まで忘れていたのです・・・
は~、せっかくの友達との晩ご飯・・・もう手立てはない。とりあえず遅れることをいい、ママが帰るまで待つしかない。せっかく、カバンを預かってくれるといった守衛のおじさんに、実は財布も忘れてて・・・ママが帰るまで待つことにします・・・と。

すると、こわおもてのおじさん。おもむろに胸ポケットから札束を出し、ぶっきらぼうに「いくらいる?」と。いえいえ、さすがに守衛さんにお金を借りるなんてできません。「そんなことできません!本当にいいです!」と言っても聞いてくれません。「いくら?」50ユーロ出し「コレで足りるか?」と。ちょっと遠慮し、30ユーロ借りて、札をポケットに入れて、町に繰り出したのでした。

「こんなときに限って~!」と、あまり知らない人に親切にしていただいたsunnyの話に、あの日のことを思い出しました。
ブログ分くらい長くなってゴメンね~。
  1. 2007/06/27(水) 04:22:55 |
  2. URL |
  3. cocco #-
  4. [ 編集]

みか様

日本の実家では鍵なしだったのですか?それは良いところですね~。
やっぱりオートロックというのが曲者だと思うんです。(と、鍵のせいにする・・・)やっぱり鍵は自分で閉めて、「閉めた!」と確認したい。
あ、でもその場合、「あれ?閉めたかな?もしかして・・?」とドジな私は外出中うわの空もあり得るかも。
どっちにしても大変ということやね・・・・
  1. 2007/06/25(月) 22:51:11 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

も~も様

そうですか、やはり経験の差でしょうか。私も何度も思いました。これがせめてジーンズを履き、上にパジャマだったら・・・と。
逆の場合、かなりかなり変です。

私ももうちょっと用心深くならなくては!できれば、なるべく少ない失敗経験で用心深くなりたいです♪
  1. 2007/06/25(月) 22:46:22 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

甘庵様

笑っていただけましたか、それは何よりです?!
ほんと、老紳士に美術品や骨董品を見せて頂きながら、アール・ヌーボー時代の話などしながら、すっぴん&半分パジャマ・・・紳士も負けじとパジャマにガウン・・・かなり変な光景でした。
お陰でまともな格好してお会いした時には妙に恥ずかしかったです。
でも仰るとおり、妙なきっかけで素敵なご夫婦に出会えて嬉しい限り。ナニが幸いするか分からないものですね~。めでたし、めでたし・・・
  1. 2007/06/25(月) 22:39:38 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

iztz様

そうそう!ホンマにマーフィーの法則ってあるねんな~と実感してしまいました。こういうときに限って・・・というのは、何も今回に限らないもんね(数々浮かんでくる恥ずかしい思い出・・・)。
やっぱいつもきちんとしないといけません!!
しかしどう考えてもかなり間抜けな格好でした、私・・・トホホ><
  1. 2007/06/25(月) 22:31:17 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

Rumi様

そそっかしいことにかけては、結構先を行ってる私です。本当に一瞬凍りました。ウチもドアマン欲しいですぅぅぅ!!
これから先二度とないとは言えないので対策考えてます。
コメントありがとうございました。^^
  1. 2007/06/25(月) 22:28:12 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

M.K様

ハイ、ウチはオートロックです。ホンマに焦ってんよ。しかもあのいでたちは誰にも見られたくないわ・・かなり良い教訓になりました。
こうして油断も隙もある生活してるからいけないのよね・・・
  1. 2007/06/25(月) 22:25:10 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

鍵コメ on 06/25 04:13:06 様

あはは~!水曜日があまりにも間抜けな格好だったので、日曜日まともな服着てちょっぴり化粧もしてる私、老紳士をお迎えして妙に気恥ずかしかったです・・(なんでやねん!)
  1. 2007/06/25(月) 22:22:15 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

soona様

ええ、それはキツイかも!私はなんだかんだ言って1時間半後には解決してたので・・・一瞬最悪のシナリオばかりが頭に浮かんだけれど、本当にラッキーでした。
お互い気をつけましょうね!!
  1. 2007/06/25(月) 22:19:12 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

やっちゃったね~

ドアを閉める瞬間、頭をよぎるんだよね、鍵持ってるか...って...。日本に住んでる時は、実家とかもいつも鍵かかってない生活してたからさ~。私も油断すると危ないんで、見習います。
  1. 2007/06/25(月) 19:40:39 |
  2. URL |
  3. みか #-
  4. [ 編集]

ひゃ~・・

大変でしたねぇ。
生きたここち しなかったでしょ。
そういうことって ありますよね つい・・。
ご親切 丁寧 迅速な老紳士のおかげで 無事に! あ~良かった 良かった!
私も ゴミ捨てに パジャマで・・しかし ズボンだけは着替え  そして 必ず 鍵をもって。のろまなのに 用心深くなりました。(色々経験の上)
そういえば 阪神大震災のとき 飛び出して 今思い出すと 恥ずかしい姿してました。 
 
  1. 2007/06/25(月) 14:47:01 |
  2. URL |
  3. も~も #-
  4. [ 編集]

ごめんなさい笑っちゃた~

いっぱい笑わしてもらって、凄くほのぼのして、心地の良い後味のお話しでした。
素敵な人と出会うと、それがどんなきっかっけより、
かえってアクシデントの時のほうが、
人の本質や根っこがわかって面白いですね~。
だって、パジャマじゃーね~気取るもなにも・・・あははは。
いや、これしばらく笑えそうです。
でも、Sunnyさん、とっても素敵なお話しだからですよ。
良いお話しありがとう。
  1. 2007/06/25(月) 14:17:50 |
  2. URL |
  3. 甘庵 #70/559Bg
  4. [ 編集]

わっろたー

ごめん、めっちゃ想像してわらってもうた。
素敵な出会いがあってめでたしめでたし やね!!

ほんま、ドキンてしたやろうな。扉しまったとき。

マーフィーの法則 思い出したよ。古い?

そんなときに限って ○○やねん な状態。

  1. 2007/06/25(月) 09:10:48 |
  2. URL |
  3. iztz #79tYj/uc
  4. [ 編集]

よかったね~

Sunnyさん、笑い事じゃないよ^^
大変でしたね。わたしもやりそうなことです><;
うちは、ドアマンがいるからいいようなものだけど、鍵はあなたたちしか持っていないなんて。
さぞや一瞬、気持ちが凍ったことでしょう。
お互い、そそっかしいことがないよう、気をつけましょう^^/
  1. 2007/06/25(月) 08:34:16 |
  2. URL |
  3. Rumi #-
  4. [ 編集]

あははははーーー
笑っちゃいました。。。
Sunnyんちのドアは、自動ロックなの?
そりゃー気をつけんとね。

だけど、ほんまそうよねーー・
そんなときに限って、旦那さんは遠出だったりさーー。
アクシデントって楽しいね。。。あら失礼。。
  1. 2007/06/25(月) 06:43:18 |
  2. URL |
  3. M.K #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/06/25(月) 04:13:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

わ~

大変でしたね!
実は私も、NYで朝起きたとたん、ベッドルームのドアが壊れて1日中、トイレなしごはんなし、電話なしの閉じ込められ状態を体験したのでとっても同情しました。しかも赤ちゃんが泣いてたらもっとせつなかったでしょうね。
でも無事にあけられてよかったです。レモンパイもおいしそう♪
  1. 2007/06/25(月) 01:36:01 |
  2. URL |
  3. soona #HwHZTioo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cija.blog84.fc2.com/tb.php/260-793c7018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunny

Author:Sunny
花と食とお酒を愛する
オランダ在住の大阪人。
フラワー&テーブルコーディネートのCijaシージャ主宰。 2児の母。


Cija HP: Cija


オランダの花デザインに特化したブログも書いています。よろしければこちら オランダ・花のディプロマ☆EFDA もどうぞ♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Link Me! by BlogPeople
写真・文章の無断使用はご遠慮ください。著作権はSunnyにあります。

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。