花と食のレター オランダより

オランダから綴る花と食のレター。世界一の花大国オランダから届け、あなたへ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大往生

whiterose01


12月5日、シンタクラースのお誕生日の1日前、シュプリーゼでのプレゼント交換イベントが終わりました。
この日に向けてクジで当たった人のプレゼントを買いに走り、
その人の頭文字のレターチョコレートや
この時期特有のペイパーノーテンというお菓子と一緒に大きなダンボールに詰め込んで、
ズワルトピットの包装紙で包んでポエムを添えて・・・夫の実家に全員集合。

でも残念なことに日本の祖父が他界し、お葬式に間に合う便を取れず。
シュプリーゼは私は遠慮し、祖父の冥福を自宅でひとり静かに祈っていました。

85歳。
どうしても間に合わないことが分かりとても悲しかったけれど、
苦しむこともなく誰の手を煩わすこともなく大往生であったと
母や叔母の言葉を何度も反芻していたら、素晴らしい理想の逝きかたに思えてきました。

うん、遅まきながら気づいたけれどかなり理想の逝きかただ。私もそんな風に逝きたいな。

そう思うと、どこからともなく祖父の優しいお茶目な笑顔が浮かんできて、
悲しい気持ちが次第に清々しい気持ちになったのです。

どうぞ安らかにお眠りください。そしてこれからもずっと私達を見守ってくださいね。


さあ、明日はもう土曜日。
久しぶりに街に出てクリスマスの空気を味わおう。
そして奇しくも先ほど友人から第2子が生まれた報告をもらったばかり。
新しい命にご対面だ、楽しみです!



ブログランキングに参加しています!
よろしければこちら↓をクリックして応援してくださ~い。

また拍手や拍手コメントを下さる方、本当にありがとうございます。
拍手コメントには返信できないのですが、とても嬉しくて励みになり心が温かくなります。
スポンサーサイト

テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報

  1. 2007/12/07(金) 23:02:45|
  2. オランダ・海外育児・家族のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<GIVING 幸せになれる体質作り | ホーム | 驚いたこと>>

コメント

M.K様

おじいちゃん、お洒落な人だったんやね。棺の上におじいちゃんがいつも愛用していた帽子が乗っている写真を見て、本当に亡くなっちゃったんだな、と・・。
子供はいつまでも子供、その通りです。
私達の親にもいつまでも健康で長生きして欲しいですね。
  1. 2007/12/13(木) 18:47:55 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

そっかー。おじいちゃんがね。。。
あたしんとこは86歳だったよ。もう8年も前の話。
そだねーーー。弟が死んだおじいちゃんのヒゲをそってやってたよ。おしゃれなお祖父ちゃんだったからねーー。いつもベレー帽とステッキとタイをかかさなかったんだ。。。。。


ブログをよんでそんなことを思い出したよ。ごめん、自分のことで。。。

だけど、強くて逞しいオトンが泣いていたからね。
こどもはいつまでたっても子供だねー。

ご冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2007/12/12(水) 10:35:08 |
  2. URL |
  3. M.K #-
  4. [ 編集]

も~も様

メッセージありがとうございます。
祖父でさえこんなに悲しいので、親だったらどうなるのだろう、と恐ろしく思いました。母のこと、お気遣いありがとうございます。

星になって見守ってくれてると信じて、悔いのない毎日を送るように努力したいです。

  1. 2007/12/12(水) 02:14:14 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

Mじ様

メッセージありがとうございます。
はい、見守ってくれると確信しています。もっともっと聴きたいことが色々とありました。
お互い悔いのない一日を重ねていきましょうね。
  1. 2007/12/12(水) 02:07:26 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

おじいさまの ご冥福を心より お祈りいたします。
遠いオランダで きっと 辛かったことでしょう。
おじいさまの最後は 安らかに 眠るように・・せめて それが慰めとなられますように。

母上様のお気持は・・いかばかりかと・・・ お察しいたします。
いくつになっても 子は親に庇護されているのですから。

これからは 皆さまを お星様になって見守ってくださるでしょう。 
  1. 2007/12/11(火) 13:10:17 |
  2. URL |
  3. も~も #-
  4. [ 編集]

写真でしかお会いしたことはありませんが、ご冥福をお祈りします。苦しむことなく、安らかに永遠の眠りにつかれたのですね。これからは夜空に輝く星となって、ご家族の皆様を見守り続けていくんでしょうね。
  1. 2007/12/10(月) 05:23:46 |
  2. URL |
  3. Mじ #-
  4. [ 編集]

haruru様

海外生活組は皆そうだと思いますが、このような時が一番恐ろしい状況です。距離が恨めしい。でも自分で選んだ結果ですから、ね。

誰にでも平等に訪れる死。全くその通りですよね。願わくば祖父のように逝きたいです。そして仰るように悔いのない毎日を積み重ねたいです。
メッセージをありがとうございました。
  1. 2007/12/09(日) 23:47:41 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

ひょい。様

そうですか、ひょい。さんのおじい様も85歳で12月1日にお亡くなりになられたのですね。お辛いですね、ご冥福をお祈りいたします。

将来の家族となる方は間違いなくこれから出てこられるでしょう~。まだまだこれからですよ!そのときには私にもこそっと教えてくださいね。
  1. 2007/12/09(日) 23:42:02 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

ご冥福をお祈りします
やはり遠い距離に住むという事は大変な事なんですね
私はかなり近い距離に親戚一同が住んでいます
でも一人息子が北九州に・・・
30前になっても時折思い出してふと寂しくなったりします
必ず別れが平等にやってきます
悔いのない人生を送りたいと心がけています
  1. 2007/12/09(日) 13:42:01 |
  2. URL |
  3. haruru #-
  4. [ 編集]


この度はご愁傷様です。実は、私の祖父も12月1日に85歳で亡くなりました。


車で4時間ながら、そんなには会いに行かず。それでも先月、意識がある時に会いに行けた事良かったと思っています。

滅多に行かなくなった、祖父の家。小学生の頃は、夏休みによく行っていました。いつまでも孫(子供)の気分が、変わらない感覚が、どこかに残っていましたが。従姉妹の子が、その頃の自分達の姿に見えて…。


もう、お通夜等を手伝う歳になった事を痛感しました。(三十路)歳なので、今までは黒ス―ツで代用していたけど、喪服を買ったり。


改めて気付いたら、従姉妹達は色白や優しい性格を、兄は動じない性格を引き継ぎ。私だけ左利きを引き継いでいました。


…とめどなく。纏まりなく、失礼しました。私も、いつか。一人ではなく、家族となっていく人と自分の歴史を歩んで繋いでいきたい、と切に思いました。


…まずは。相手探しですけど☆
  1. 2007/12/09(日) 09:43:22 |
  2. URL |
  3. ひょい。 #-
  4. [ 編集]

きらり様

最後に顔を見れなかったのが本当に残念で、そのために日本に行きたかったのです。
でも今となれば秋の帰国時に会えたことが救いです。遠い異国に住むのがこんな時ほど嫌な時もありませんね。
私は大丈夫です、温かいお言葉を本当にありがとうございます。
  1. 2007/12/09(日) 03:16:33 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

ちょんひ様

!!コメントありがとうございます!
身内の死に長い間、縁がなかったのでショックでした。秋に会えたのがせめてもの救いです。でもいつまでも天国で見守ってくれるはずです、もう一人のはるべのように。
  1. 2007/12/09(日) 03:11:36 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

鍵コメ on 12/7 16:52:08 様

誰にでも訪れる死、出来れば私もこんな風に人生を終わりたいな、と思いました。
コメント本当にありがとうございました。
  1. 2007/12/09(日) 03:08:58 |
  2. URL |
  3. Sunny #-
  4. [ 編集]

最後におじいさまにお会いしたかったことでしょう。。。
心からご冥福をお祈りいたします*
Sunnyさんも気を落とさぬよう、がんばってください。
  1. 2007/12/09(日) 01:18:40 |
  2. URL |
  3. きらり #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

それは残念だったね。

はるべのご冥福をお祈りいたします。
  1. 2007/12/08(土) 06:49:01 |
  2. URL |
  3. ちょんひ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/12/07(金) 16:52:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cija.blog84.fc2.com/tb.php/304-7a9dd736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunny

Author:Sunny
花と食とお酒を愛する
オランダ在住の大阪人。
フラワー&テーブルコーディネートのCijaシージャ主宰。 2児の母。


Cija HP: Cija


オランダの花デザインに特化したブログも書いています。よろしければこちら オランダ・花のディプロマ☆EFDA もどうぞ♪

カレンダー

06 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Link Me! by BlogPeople
写真・文章の無断使用はご遠慮ください。著作権はSunnyにあります。

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。