花と食のレター オランダより

オランダから綴る花と食のレター。世界一の花大国オランダから届け、あなたへ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新国王誕生!

130507-04.jpg
                       nrc.cl より画像をお借りしました

しばらくご無沙汰しておりましたが如何お過ごしでしたか?

オランダは4月30日の女王の日に新国王誕生となり、国中が沸き立っていました。

が、その数日前から2週間のメイバカンス。

私もオランダ国外にいたので、歴史的な瞬間をオランダで過ごさずにいたのですが

バカンス先で時折見た you tube などで、この時期バカンスに出たことを

ちょっぴり後悔しながらも感激していました☆

さて冒頭写真は、ウィレム・アレキサンダー王とマキシマ女王の

最初の公式肖像画 (フォト) です。

明るくて楽しくて気取りがなく美しいマキシマ女王、私も大好きですが

こちらのシックなドレス、とってもお似合いですね~。

130507-05.jpg
                                        NUfotoより画像をお借りしています

こちらはアムステルダム・ダム広場にあるロイヤルパレス(王宮)のバルコニーにて。

ロイヤルパレス内にてベアトリクス前女王が退位の証書に署名をし、

国民に向かって、新しい国王の誕生を報告する場面です。

非常に聡明なベアトリクス前女王、呼称はプリンセス・ベアトリクスへと変わります。

バルコニー全面の手すり部分ですが、金色の丸い形の真ん中には

オランダ王国の紋章である金のロイヤルライオンが。

そしてこの金の丸い形は・・・ローレルリースが基本なのは、

ADFA1ディプロマを取得された方ならお分かりなことでしょう~♪

オランエ王室のシンボルカラーがオレンジなので

この日のバルコニーを飾った花もオレンジ色。

フルーツのオレンジとオレンジの葉もバラと共にたくさん使われていますね。

130507-03.jpg
                                           Tifa より画像をお借りしました

退位式がロイヤルパレスで執り行われた後は、

新教会へ移り、新国王の即位式にて宣誓のシーン。 

この宣誓のシーンは動画で見れず、とっても見たいのですが・・・

日本から皇太子ご夫妻のお姿もありました。

久しぶりの雅子妃も笑顔でお美しく、

エスコートなさる皇太子の笑顔が大満開でとても印象的でした。

マキシマ女王、ロイヤルブルーもお似合いです☆

130507-06.jpg
                                          Koningsvaart より画像をお借りしました

即位式の後、レセプションを終えて、het IJ (アイ湾)で行われた

新国王即位記念の水上パレードより。

3人のお嬢様は未来の女王となるプリンセス・アマリアを筆頭に、

プリンセス・アレクシア、プリンセス・アレアナ。 

ちょうどオランダの国旗のように、赤・白・青のカラーコンビネーションで

作られている、クラシカルなお舟のフラワーアレンジメント。

プリンセス達のドレスのブルーと、デルフィニウムの色がバッチリです♪

130507-07.jpg
                                             by ANP, Robin Utrecht

時系列では前後してしまいますが、こちらは即位式前日に

RijksMuseum Amsterdam アムステルダム国立美術館 で行われた晩餐会より。

2004年から続いていた修復工事が先日終わったばかり RijksMuseum にてのグッドタイミング♪

レンブラントの 「夜警」 の前での様子がとってもドラマチックで素敵です。

プリンセスマキシマ (この時はまだプリンセスでした) のドレスの色や

ベアトリクス女王のドレスの色が、シックなフラワーアレンジにこれまた合っています。

このような歴史的かつ国家的な行事のフラワーアレンジを任されるのは

その意味の重要性はさながら、多大にして慎重・精密な労働力がものすごく必要とされ

名誉であり、且つ凄いプレッシャーでもあることと思います。



ベアトリクス前女王が、退位を表明したのが今年1月。

オランダの王室について、書きたいこともアレコレあるのですが別の機会に譲るとして

とてもオランダらしい温かく、オープンな雰囲気の記念式典だったようです☆

世界で一番若い国王誕生となったようですが、

オランダ国民から本当に愛されている王室として、末永く繁栄していくことでしょう。



さあ、メイバカンスももう終わり。。。

皆さまもどうぞ素敵な週末をお過ごしくださいね☆それではまた!







 
スポンサーサイト

テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報

  1. 2013/05/11(土) 17:35:21|
  2. オランダ・季節の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<メルシー・ボクー と メルシー・ワタシ | ホーム | 北フランスにて>>

コメント

ベアトリクスの糞婆

こんにちは初めまして
ベアトリクスの糞婆を追って貴頁に着きました。

汚乱堕の人・国の悪さは伝統的ですが、ベアトリクスの糞婆も例外ではなく。

平成に入って宮中の晩餐会で、恐れ多くも我らが今上天皇陛下に対し、とっくに解決済みどころか日本が過剰補償までした先の大戦に関して言及、悪名高い話ですよね。

そもそも、大日本帝国は交戦を避けたにもかかわらず、汚乱堕から宣戦布告、ところが腰抜け共は10日もしないで降伏、なのに戦後、戦犯と称して200人以上の無実の日本人を虐殺(総戦犯の20%以上)、しかも皇室から減刑の願いを出した人まで。汚乱堕王失、ベアトリクスの糞婆には呆れます。

でもって日本の敗戦後、再びインドネシアを植民地化奴隷化しようとして、国連の命令を無視して攻撃、でも残留日本兵も協力して蹴散らされた、、、ださっ!

昭和天皇のお車に湯たんぽ投げつけたり、某首相の献花を即運河に投げ捨てたりと、一般人もおなじですね~~。しかも幕末に某日本人の欧州旅行記でも汚乱堕だけ「人悪し、また国も悪し」、ですし、北欧の医師の来日時での感想も「汚乱堕人は~~」ですしねぇ

話がそれました。王室の話題特集、別の機会にあるようなので期待しています。

追記
オランダ人でもいい人を複数知っていますが、でもやはり、400年も交流があるのに大して単語が残らなかった、事からも、日本は汚乱堕の事を良く思っいなかったか悪く思っていたんでしょう。やっぱり汚乱堕、ですね。
  1. 2013/10/06(日) 17:14:40 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cija.blog84.fc2.com/tb.php/716-a3311700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunny

Author:Sunny
花と食とお酒を愛する
オランダ在住の大阪人。
フラワー&テーブルコーディネートのCijaシージャ主宰。 2児の母。


Cija HP: Cija


オランダの花デザインに特化したブログも書いています。よろしければこちら オランダ・花のディプロマ☆EFDA もどうぞ♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Link Me! by BlogPeople
写真・文章の無断使用はご遠慮ください。著作権はSunnyにあります。

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。